セルフバックで3万円の臨時収入を手に入れよう!

ショパンコンクール日本人優勝者になるか!?反田恭平さんすごかった!

5年に1度、開催されるショパンコンクール
本来、2020年開催予定でしたがコロナの影響で2021年に延期されました。
予備予選通過を大歓声の中通過し
日本人初の優勝者になるか?と騒がれる反田恭平さん。

35年以上のショパンファンの私が
今回のショパンコンクールで活躍されそうな日本人出場者の反田恭平さんについて調べてみました。

ショパンコンクール2021年反田恭平さんの予備予選演奏

黒縁メガネ、オールバックに一つに結んだ姿がトレードマーク。
今、最もチケットが取れないピアニストと言われ
オンラインサロンやオーケストラを運営され
音楽レーベル「NOVA.Record」も立ち上げ、経営の手腕も持つ反田恭平さん。

凄まじい経歴からお父様との確執
結婚されたというロシアの方の事まで私なりに調べてみました。

日本人初の首席や創設以来初の全額特待生など反田恭平さんのすごい経歴

1994年北海道札幌市に生まれる
4歳の頃には名古屋で初めてピアノ教室に
4歳半の頃 東京に引っ越し 一音会ミュージックスクールへ
桐朋女子高等学校(音楽科は共学)
桐朋学園大学音楽学部
その半年後ロシアへ留学 モスクワ音楽院に首席(日本人初)で入学
2015年桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに全額特待生として入学
2017年ショパン国立音楽大学に入学→現在も在籍中

受賞歴・ピアニストになるきっかけは?

2012年 第81回日本音楽コンクール第1位入賞 併せて聴衆賞を受賞
2015年 チッタディカントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール 古典派部門 優勝
2017年 出光音楽賞受賞。CDショップ大賞「クラシック賞」受賞

小学6年生の時に指揮者、曽我大介の元でオーケストラを指揮。
中学1年生の時のテレビ朝日系「題名のない音楽界」でも指揮を。
この体験が音楽の道で生きていこうと思うきっかけになったとインタビューで語っています。
幼少の頃から秀でた才能がありこうした場所にも呼ばれ、こうした体験を引き寄せているのですよね。

父との確執も。ご両親や家族構成は?

サラリーマンの父と専業主婦の母。
音楽にのめり込む反田少年にお父さまは反対しています。

父に「そんなに音楽高校に行きたいのなら、コンクールで1位を取って、その賞状を俺のところに持って来い」と言われたので、雑誌でその時点で受けられるコンクールを片っ端から探しました。当時は中学2年で、受験までに時間がありませんでした。4つ受けて1つは最高位で、ほかは全て優勝したので、父の前に「どうだ!」と賞状を差し出しました。

さらに

「普通の大学に進学するならまだしも、音楽大学には行かせない」と言われてしまったので、これはもう日本で一番歴史のある日本音楽コンクールで優勝するしかないと。

なぜこんなにもお父様との確執があるのでしょうか。
このコンクールで優勝し、桐朋学園へ。

反田恭平さん自らがこう話しています。

父との確執の発端が、本当にくだらないのですが、母の焼いたホットケーキなんです。僕が大きめのホットケーキを取ったのが原因で、ちょっとした喧嘩になりまして。その流れで父に「音楽系の高校には入れさせない」と言われたんです。

反田さんは音楽だけではなく、成績も優秀だったのだと思われます。一流の音楽教育を受けさせられるほどの経済状況にあると思われるお父様も一流大学を出て今の地位をつかんだのでは?
反田恭平さんにも堅実な安定した道へ進んでほしいと考えたのではないでしょうか。

結婚されているロシアの方とは?

反田恭平さんと調べると必ず出てくるのが「結婚」。 このことから
最近、結婚されたのでは?と思いましたがそのような情報は出てこない。
ロシアに留学されていたことからか、「ロシアの方と結婚」との情報も。
しかし、オンラインサロンの開設や音楽の学校を作りたい。など、まだまだ意欲的に活動される反田恭平さん
もしかしたら妻のように支えになる方は存在するのかもしれませんが結婚はされていないようです。

ピアノの森

主人公の一ノ瀬海に影響を与える、かつての天才ピアニスト阿字野壮介のメインピアニストを担当されています。

ピアニストとして生きている時、何度も元気付けてくれた“ピアノの森”。
‪そんな作品に携われてとても幸せでした。あっという間でしたが、毎レコーディングがとても楽しみだった2年間。観て下さった皆様、ありがとうございました!!

今後のショパンコンクールでの予定

ショパンコンクールやポーランドでの留学の合間に
日本でもピアノコンサートを開催されています。

ショパンコンクールの一次予選は10月3日に始まります。
開催地のポーランドはコロナにおいて比較的安全な国のようですので予定通り開催になるのではないでしょうか。
今後もYouTubeで配信されると思いますので活躍が楽しみです。