東海地方を中心に食べ歩きブログ開設

旬を過ぎた【10月のホヤ】がめちゃくちゃ美味しかった話

ホヤの旬はと言われ出荷最盛期にあたるのは通常初夏。
毎年夏には、産地から30~40個ほど殻付きのホヤを取り寄せて、冬でも急速冷凍された物をたべているホヤが大好きな私。

数は少ないが10月に出荷されるホヤがあり、そのホヤの購入チャンスがあったので注文してみた。

そしてなんと水産省の販売促進緊急対策事業で送料無料でした!
#元気いただきますプロジェクト と言うらしい。
参考 トップページ令和2年度水産物販売促進緊急対策事業

まぼろし?白いホヤ

ホヤの旬は通常初夏から8月ごろまで
その後は殻も固くなり出荷されなくなってしまいます。
ですが10月のホヤは身が縮む事によって身が白くなり、栄養価も高くなり、アミノ酸の量も年間の中でも最も高いとか!
またホヤが餌を食べない事により、体内のフンの量も少なく臭みが少ない。と、良いことずくめ!
ホヤ好きとして、ほやほや学会員として、これは注文しない訳にいかない!

白いホヤを食べるには?

ホヤを通信販売する「ほ屋」にて購入する事ができます!
数量限定なのでほやほや学会のインスタグラムやFacebookをフォローしチェックしておく事をおすすめします。

ほやほや学会とは

ホヤの認知度と消費量拡大を通じた東北の振興。を掲げ活動されています。
入会方法はInstagramやFacebookをフォローすること。

参考 トップページほやほや学会

本当だ!白いホヤ

ほやほや学会が運営する「ほ屋」から届いたホヤを早速さばきます!
キッチンバサミを使用すると簡単にさばけます♪

届いたホヤにはお手紙も入っていました、嬉しい。

ほやほや学会からの手紙

殻が固いとの事でしたが、さほど固くはないです。

届いたホヤ

そしてむいたホヤは「ほんとに白い!」
フンもほとんどなくて切らずにそのままかぶりついてもいいくらい!(が、ちゃんと切りましたw)

10月の白いホヤ

味は濃厚、夏にもまして味が濃い

甘い。う~ん、旨い!!!うまいぞー!!!
切っている最中からもういい香り、弾力もある、こぼれる汁もそのまま飲み干したいくらい。

10月の白いホヤ、こぼれる汁も美味しそう

たまらず皿に盛る前に一切れパクっと。

アララン

うま~い!

甘い!それに濃厚!美味しい美味しい!あっという間に1人で何個も食べてしまった。
もう旬が終わって、夏まで食べられないと思っていたホヤが食べられた喜びもあってか、高まりが止まらない!ん~年中食べたい!

東北地方ではタダでもらえるホヤ!?

皿に盛りつけた10月の白いホヤ

なんと私の大好物ホヤは東北地方では、ご近所さんにタダでもらえることもあるとか。
う、羨ましすぎる……。

なかなかスーパーなどでも出回らず、見た目もユニークな事からマイナーで知らないという人も多い。
つい先日、旬では無い10月にホヤを注文したことが嬉しすぎて職場でうっかり「ホヤが好き!」と公言してしまったら、ホヤを知らないお友達がホヤをネットで検索しだし、出て来たその姿にドン引きしていた。
周りのお友達も「え?ホヤ好きなの!?」とざわつかせてしまった。
「やだ、嫌いにならないでね(笑)」と心配する私に「そういう突き抜けた人憧れる」と、褒められてるのかよくわからない言葉をいただき取りあえずその場は収まったが、
もっとこのおいしさが広まってメジャーデビューしてほしい!もっと「ホヤが好き!」と堂々と叫びたい!

手に持ったホヤ

とにかく10月のホヤはめちゃくちゃに美味しかった!
このおいしさがもっともっと広まって10月が第二の旬として定着して欲しい!
そして近所の魚屋さんでももっと気軽に買えるようになって欲しい!!!
「ほ屋」さん。ほやほや学会さん。10月のホヤを食べさせてくれてありがとう!