セルフバックで3万円の臨時収入を手に入れよう!

受給者証提示で名古屋城の入場料が無料に!?

私は定期健診で月に1回、名古屋の病院を受診します。
受付をして血液検査を済ませたら1時間ほど診察までに時間が空くので、いつも少し出かけます。
今日はお天気も良かったので病院の隣にある名古屋城へ行きました。
病院の玄関を出て、藤棚のトンネルを抜け左に曲がり、横断歩道を渡ればすぐです。

ここ名古屋城では
難病の私と介助者1名まで無料でした!

無料になった方法や詳細をまとめてみました。

提示すれば無料で入場できる手帳の種類

身体障害者手帳などの「法令により発行された手帳」に限り、無料で入場する事が出来ます。
難病患者でも、特定医療費(指定難病)受給者証を提示すれば
本人と介助者1名(必要に応じ2名)が無料になるので、家族やお友達と一緒に入場でき、同行者まで無料で嬉しいですね。

名古屋城の入場券売り場にはそのような事は明記してありませんでしたが、窓口の英語と日本語を操る若いお姉さんに受給者証を提示すれば、入り口(改札)で提示するように案内されます。
そして名古屋城入り口(改札)で受給者証を提示すれば1円も支払わずに、名古屋1の観光地へ入場することが出来るのです!

また、名古屋市内在住の65歳以上の方も割引があり、
通常大人500円のところ100円で入場する事が出来ます。

無料で入場できる手帳の種類が豊富だったので、その他無料で入場できる手帳の種類は名古屋城公式ホームページで確認してください。

一般の人でも入場が無料になる日もある

「即位礼正殿の儀」や「名古屋まつり(三英傑)」などの、慶祝事業や大イベントが行われる日には名古屋市内の施設が無料で入場できます。
その中に名古屋城が入っているので、一般の方でも無料で入場できる日があります。
名古屋の情報誌や広報をチェックしていれば、無料開放の日程を入手する事ができると思います。

名古屋城の情報

名古屋城は1615年に徳川家康によって建てられた国の特別史跡です。
定期的にイベントや名古屋おもてなし武将隊のパフォーマンスなどを見る事ができます。
名古屋城本丸御殿の写真
本丸御殿も2018年に復元・完成し一般に公開されているので、名古屋の歴史を学ぶのにピッタリです♪
また、名古屋城の横には新しく「金シャチ横丁」もできて美味しい物や名古屋めしが楽しめますよ!

入場料

大人 500円
名古屋市内の65歳以上 100円(身分証提示)
中学生以下 無料
難病患者 無料(受給者証を提示)

※2019年11月12日現在の料金

名古屋城公式ホームページ
金シャチ横丁

季節ごとに表情を変える名古屋城へ、受給者証を提示して無料で楽しみましょう!