東海地方を中心に食べ歩きブログ開設

神無月は神が集まる「神在月」な出雲へ行こう!

私が島根旅行に行ったのは、10月。
全国的には神無月。神様が出雲大社へ集まって不在にすることからそう言われるのは有名だけど
そんな月に出雲大社へ行けたことは何かのご縁があるかな?と、密かに嬉しかった。

小牧空港~出雲空港までの飛行機(FDA)

小牧空港~出雲空港まで約1時間です。
ベルトサインが消え、飲み物とクロワッサンが配られ食べ終える頃には「間もなく当機は着陸態勢に入ってまいります」のアナウンス。あっという間の空の旅。

2020年 神在祭の日程

11月25日 午前9時
11月29日(神在祭・縁結大祭)午前10時
12月1日(神在祭・縁結大祭)午前10時

2020年の今年は自粛ムード、盛大な参拝者の参列は無いようです。
また、11月25日の参列は出雲大社から招待された方のみ参拝が出来るようです。

本来の神有月は11月

本来、出雲大社へ全国の神様が集まる神在祭は旧暦(10月11日~17日)で行われます。
旧暦10月10日に稲佐の浜で全国からいらっしゃる神様をお迎えします。

朝早くから参拝できますので早朝の静粛な境内を味わうのもいいかもしれません。
そのあとの観光もたっぷり楽しめます。

社務所などは6時から。
周辺駐車場も6時から、無料駐車場も整備されています。近くには24時間営業の所も(有料)。

なぜ!?参拝前にまずは「浜」へ向かおう!

本殿への参拝はもちろん、境内で最大のパワースポットと言われる素鵞社(そがのやしろ)にも参拝するべくまずは出雲大社からすぐの浜へ向かい砂浜の砂を持ってきます。私はジップロック持参。
のちほど素鵞社(そがのやしろ)へ奉納するための砂をここで持っていきます。

参拝は鳥居を4つくぐる


出雲大社には4つの鳥居があります。本殿までの近道もありますが、せっかくならば4つの鳥居をくぐり、本殿まで行きたいです。
ちなみに私は知らずに二の鳥居から歩きました、残念…。

木々が美しい参道


本殿に向かう参道は木々が生い茂り、苔むして、厳かな気持ちに。
ウサギたちもかわいいです。

二礼二拍手一礼

出雲大社の参拝方法は、二礼二拍手一礼。
境内には大小たくさんの社がありますが、すべて同じ参拝方法です。
背筋を伸ばし神様を思い、真っ直ぐに神殿を見つめて
ここに来られた事に感謝しました。

隠れたパワースポット素鵞社(そがのやしろ)

本殿の裏手にある素鵞社には、社の下に砂箱があり、稲佐の浜で持ってきた砂をそこへ奉納し、代わりにそこの砂をいただいてきます。これがやりたかった!
そしてそのまた裏にある八雲山が知る人ぞ知るパワースポット。
入る事は出来ませんが、少し山肌を触る事が出来るそうです。これまた私は知らずに、ご利益いただく事が出来ませんでした。また行きたい!

お守りはすべて1000円から!珍しいカード式お守りも

参拝が一通り終わったら、このご利益を家族やお友達にもおすそ分け。お守りをお土産にします。
普通にお守りとされているものから、交通安全まで色々あります。
悩みに悩んで子どもたちには、一般的なお守りを。友達には商売繁盛。私には病気平癒を買いました。
いくらか価格が気になるところですが、すべて千円でした。

こんなカード式の物も!
巫女さんによると「同じご利益」との事でした。

御朱印にお釣り制度なし!

持参して来た、御朱印帳に御朱印をいただきます。
御朱印はだいたい300円の所が多いですが、出雲大社では取り決めが無く、気持ちで納める事になっていました。
参拝で小銭をすべて使った私は、この後の参拝の為に小銭を受け取りたかったので1000円を出しましたが
「1000円でよろしいですか」と聞かれ、「300円で」なんて言う勇気はありませんでした…(笑)

お社もたくさんありますし、小銭はたくさん用意した方がいいかもです。
ケチケチした気持ちでは無いのですが、思わぬ出費になってしまったので気持ちが揺れてしまいました。
ここでも気持ちよくお賽銭を納めればよかったのですが…。

参拝の後はウキウキショッピング♪

参道にはお店がいっぱい!出雲そばや気楽に店先で食べられるものまで様々。
今回の旅はGoToトラベルキャンペーンを利用したので、6000円分の地域共通クーポンが使えました。

事前にGoToトラベルのサイトで確認して使えるお店をチェックして買うものも決めていたので、その店に入り商品を吟味し、選ぶだけでした。子供たちの箸が古かったのでご縁箸を購入。
毎日使うものはいいものを使いたい。

いなさの浜ですくい上げた海水で作られたという塩も買いました。ご利益あるといいな。

せっかくなら少し足を延ばして八重垣神社

出雲大社から車で50分。女の子が絶対行きたいだろうご利益と占いがある神社があります。
私はもう女の子という年ではないけれど、体験したく行ってきました。
境内の奥にある鏡池におみくじを浮かべ、その上にコインを置き、沈み方で占います。
平日だったのでゆっくり1人で占いが出来ました。

ショッピングを含め、結構歩くので歩きやすい靴での参拝がオススメ。
ラフな服装でなく神様さまに失礼がないような服装で行きたいとこです。

今回、ご縁があり出雲大社に参拝することが出来ました。
帰ってからも出雲へ行けたのだなと思うと感慨深いものがあります。
今度来るときは、鳥居を4つくぐり、素鵞社の裏の山肌を触りパワーをいただきに買ったお守りを返しにお礼参りに来れたらといいな。と思います。

アララン

食べ損ねた出雲そばも食べたい!