デジタルチケット詐欺にご注意!その手口とは?

ジャニーズのデジタルチケットで詐欺が行われていると最近多く耳にします。
新たな被害者が出ないように詐欺の注意喚起を行う為の記事です。

デジタルチケットとは?

デジタルチケットとは、QRコードを携帯で表示させ入場するチケットの事です。
転売が多くみられたので従来の紙チケットではなくデジタルチケット(通称:デジチケ)に移行されました。
会場に入るまで席が分からないシステムなので、転売を防ぐ事ができます。
が、転売はまだまだ無くならないのが現状…。

デジタルチケット詐欺って?

デジタルチケットは会員番号とパスワードさえ知っていれば、ログインをし、QRコードを表示させ会場へ入場する事ができます。
この方法を使った詐欺に遭う方が多くみえます。

デジタルチケット詐欺の手口とは?

被害に遭わないために詐欺の手口を知っておく必要があります。

お譲り先を募集をする
まず詐欺師は、チケットを譲る為にTwitterでお譲り先を募集します。
声がかかる
Twitterでチケットを探していた人が、詐欺師のお譲りツイートに声をかける。
待ち合わせ
コンサート当日、会場で待ち合わせをする。
譲渡
詐欺師は入場する為のQRコードを表示させる為に「相手の携帯でファンクラブへログイン」します。
相手はそのQRコードを見て、詐欺師にお金を支払い、チケットの取引はここで終了。
入場できない?
譲ってもらったチケットで入場しようと、係りの人に入り口でQRコードを読み込みしてもらうと「このQRコードでは入場が出来ない」とはじかれる。
詐欺発覚
お金を支払ったのに会場へ入場が出来ずにここで詐欺が発覚。

なぜ入場が出来ないのかと言うと詐欺師が先に会場へ入場しているためです。
1度使用したQRコードでは入場する事が出来ません。
チケットを譲った相手よりも先に会場へ入場する事が出来れば、デジタルチケット詐欺が行えてしまいます。
こういった被害が多く報告されており、私の友人もこの方法で騙されています。

被害に遭わない為に注意する事

デジタルチケット詐欺に遭わないためにはどうしたらよいのか…?
まず一番安心できる取引は一緒に入場することが出来る人です。

「4連のうち2連のお譲り」だったり
「重複当選しているので入場後、良席を選ばせてもらいます」と募集をかけている人は、一緒に入場する事が出来る人達です。
まずは一緒に入場する事ができる相手からチケットを譲ってもらいましょう。

※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。